スタッフブログ

日本製品などのタオバオ販売代行について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!みなさん!健太郎です。

今日は、二回目の記事の投稿になります。

広州は、暑い日が続いております。今、自宅の部屋にいますが、クーラーをつけております。

広州の気候の変化は、極端なので、困りますね。1週間で春夏秋冬が来る時もあります。

とりあえず本題に入りたいと思います。

たまにお客様から問い合わせがあるのですが、

『日本製品をタオバオで販売したいのですが?どうすればいいのですか?』

『本物のブランド品をタオバオで販売したいのですが?どう思いますか?』

などの問い合わせがあります。

まず、弊社では、タオバオで日本製品、本物のブランド品の代行販売はしておりません。

結論から言わせていただくとタオバオでの日本製品、本物のブランド品の販売は、やめた方がいいでしょう。

理油としては、大きく3つあります。

1、いくら本物でもタオバオに出た時点で偽物だと思われる。(中国は、コピー大国なので、、、)日本製品の偽物もたくさんタオバオで出回っています。

2、もし、本物だと信じてもらえたとしても価格競争なので、よほど安く仕入れて、輸送方法を考えないと利益を出せない。

3、タオバオのシステムや中国人を理解しなければいけない。

憶測ですが、タオバオで日本製品を販売したいと言われる方の中には、日本のニュースなどで報道されている『爆買い』をしている中国人の方を見て、日本製品をタオバオで売れば売れるんじゃないかな?!と思われた方もいると思います。

はっきり言って甘いです。

以前、私は、日本で貿易会社を経営している中国人経営者やその他の中国人の方と手を組んで、日本製品をかなり中国に輸出していましたが、彼らが爆買い客のように普通にスーパーやドラッグストアに行って、店頭にならべている商品を買って、中国に輸出していると思いますか?

輸出している商品の中には、店頭で買った商品もありますが、ほとんどないです。

どうやって、商品を調達するかと言えば、問屋や商社を通じて、商品を調達します。

なので、かなり安い金額で商品を手に入れているのです。

それに輸出方法は、20フィートコンテナや40フィートコンテナで出荷します。つまり商品1個に対する送料のコストがかなり安いのです。

それに中国人は、中国人の独自の輸送ルートを持っていたりするので、独自のルートとなれば、日本人に真似できませんよね。

特別なコネがあって、メーカーなどから中国で大人気の日本製品をかなり安く手に入れることができれば話は、別ですが、、。

それでも個人レベルなら輸送方法は、EMSやSALになりますよね?

税関で止められる可能性もありますし、、、。

コストを考えると難しいのでは???と思います。

中国人の中には、昔から華僑と呼ばれる方々が世界中にいます。華僑は、滞在している国の言語を上手く使いこなし商売をしている方が多いです。中国を代表するビジネスは、人の輸出(華僑)では、ないか???とも言われてたりします。

中国人は、本当に商売に関しては、天才だと思います。

それは、中国の環境がそうさせるのでしょうけど。

中国は、日本のように生活保護みたいなセーフティーネットがないので、本当に稼がなければ死んでしまいます。

なので、商売をされている方は、一生懸命です。

そこにテレビで見た爆買い客を狙って、タオバオで日本製品を売れば売れるんじゃないかと思った程度では、厳しいのでは??と思います。

タオバオで日本製品を代行販売している業者さんもいるので、もしかしたらそのような業者さんを使って、上手く商売をされている方もいるかもしれませんが、、、。私は、あまりオススメしないですね。

私の中国人の知り合いのように、日本で法人を設立して、日中貿易を行っている中国人の方がたくさん日本にいます。

それにタオバオや貿易に限らず言えることですが、中国で商売をするなら必ず信頼できる中国人のパートナーがいなければ無理だと思います。

日本の商売の常識は一切通じないです。私もよく腹を立てたり、戸惑うことがあります。

中国は中国の商売のやり方があります。そこを理解しなければいけません。

少し否定的な事を書きましが、もし、タオバオで日本製品などを販売したければ、信頼できる中国人のパートナーを見つけて、一緒にやるのが良いと思います。

最近、越境ECについてよく耳にするので、近々越境ECについて書きたいと思います。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2016.4.18

    中国ネット事情について

    こんにちは!松本です。今日は、中国のネット事情について簡単に書きたいと思います。

おすすめ記事

  1. こんにちは!松本です。今日は、中国のネット事情について簡単に書きたいと思います。
  2. どうも!こんにちは!松本です。広州は、雨季なので相変わらず天気が悪い毎日です。
  3. こんにちは!YUTOです!今回は、僕の趣味でもあるけん玉をPB(プライベートブランド)にしたので...