スタッフブログ

イーウー買い付けと広州買い付けについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!健太郎です!

越境ECの記事を書く前に、本日お客様から頂いた質問について記事を書きたいと思います。

『広州かイーウーに商品の下見と買い付けに行きたいんですけど、どっちがいいですか?』

と質問を頂きました。

この質問をしたお客様は、普段はタオバオやアリババなどで仕入れて日本で個人でネット販売をされている方です。

では、お答えていきたいと思います。

ここで確認するべき点は、

1、買い付ける商品の種類、、、例:雑貨、車部品、電子部品等、、、。

2、買い付ける商品の量

3、買い付ける金額

になります。

まず1についてですが、買い付ける商品の種類が何になるのかが重要です。例えば、雑貨などは、イーウーで購入したほうが安いです。車部品になれば広州になりますし、電子部品になれば深圳になります。

何が違うのかといえば、雑貨などを生産している工場は、イーウー付近に集まっているためイーウーで購入した方が安いです。広州には、車部品の工場が集まっているため、広州で購入した方が安いです。

広州にも雑貨市場の万菱(ワンリン)がありますが、ここに置いている商品は、イーウーの転売になります。なので、雑貨を広州で購入すると高くつきます。

買い付ける商品の種類によって、広州なのか?イーウーなのか?を考える必要があります。さらに複数の買い付ける商品の種類があればトータルのバランスを考える必要があると思います。

次に2についてですが、広州は小ロットから商品を仕入れることができます。しかし、イーウーは、最小ロットが大きくなるため、まとまった量の購入しかできません。市場のお店によっては、小ロットから販売してくれるところもありますが、かなり商品単価が高くなります。なので、どれくらいの量を仕入れるかが重要になってきます。

最後に3になりますが、買い付ける金額についてですが、これは広州、イーウーのどちらにも言えることです。

ある程度まとまった買い付け金額でなければいけません。

理由としては、まず広州やイーウーまでの交通費と滞在費がかかります。さらに弊社のような貿易のエージェントを使うとなればさらにコストがかかります。なので、買い付け金額が少額であれば交通費や滞在費、エージェント利用費が回収できない可能性が出てきます。

なので、まとまった金額でなければ市場の買い付けは、メリットが少ないと思います。

先々の事業の拡大に向けて先行投資として、下見に来るのはいいと思います。

これは参考程度に書きますが、市場の買い付けは、お客様の慣れという部分もあると思います。初めから計画通りに買い付けできないかもしれません。(同行する貿易エージェントのアテンド力にもよりますが、、)何度か市場の買い付けをすると市場の場所やお店の配置などを覚えていくと思うので、徐々に買い付けも上手くなっていくと思います。

上記の件については、本日、私に質問してきたお客様にも同様の事を話した後に一度、検討してみるとのことでした。

今回のお客様のようにタオバオ仕入れや中国輸入について、わからない事はたくさんあると思います。

弊社のお客様に限らず、この記事を見て、些細なご質問やご相談があればいつでもお気軽にご連絡いただければ思います。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2016.4.18

    中国ネット事情について

    こんにちは!松本です。今日は、中国のネット事情について簡単に書きたいと思います。

おすすめ記事

  1. こんにちは!松本です。今日は、中国のネット事情について簡単に書きたいと思います。
  2. どうも!こんにちは!松本です。広州は、雨季なので相変わらず天気が悪い毎日です。
  3. こんにちは!YUTOです!今回は、僕の趣味でもあるけん玉をPB(プライベートブランド)にしたので...