スタッフブログ

タオバオから仕入れた洋服を他社(他者)と差をつける簡単なテクニック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも!みなさん!こんにちは!健太郎です。

今、気付いたんですけど、このホームページ内で自分の名前をほとんど松本と表記しているので、健太郎です。をやめて
これからは、松本です!と書きたいと思います。

今日は、タオバオや広州の洋服市場から仕入れた洋服をAmazonやネットショップで販売する場合に他社(他者)との差をつける簡単なテクニックをご紹介したいと思います。

それは、タグの付け替えをすることです。

スクリーンショット 2016-04-13 18.22.13
タグとは、赤枠の部分になります。このタグを取り付け替えるだけです。

日本では、あまり知られてないと思いますが、このタグの付け替えは、よく日本のアパレルメーカーが使うテクニックです。

タオバオや広州の洋服市場で購入した服に自社ブランドのタグを付け替えたり、個人だとオリジナルブランド(PB)のタグに付け替えて、日本で販売するのです。

簡単だと思いませんか!?

タグについては、弊社のような貿易会社で制作することが可能です。デザイン企画の打ち合わせから生産まで考えると約1カ月くらいかかります。
コストについては、デザインや生地によって変わるので、ここで正確な料金を案内することはできません。

このタグを取り付け替える事によりタオバオや市場で仕入れた商品とは別物になるので、Amazonで販売する場合は、他社(他者)の相乗り防止になり差をつける事ができると思います。

Amazonで洋服を販売した経験はありませんが、自分だったらこのタグの付け替えをすると思います。
相乗りされてしまうとどうしても価格競争になると思うので、少しでも他社(他者)と差をつけるためにすると思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2016.4.18

    中国ネット事情について

    こんにちは!松本です。今日は、中国のネット事情について簡単に書きたいと思います。

おすすめ記事

  1. こんにちは!松本です。今日は、中国のネット事情について簡単に書きたいと思います。
  2. どうも!こんにちは!松本です。広州は、雨季なので相変わらず天気が悪い毎日です。
  3. こんにちは!YUTOです!今回は、僕の趣味でもあるけん玉をPB(プライベートブランド)にしたので...